Fuelphpでvalidation結果を日本語表示にする方法。

 

1. fuel/app/config/config.php を編集する。編集箇所は以下の通り。

'language' => 'ja', // Default language
'language_fallback' => 'en', // Fallback language when file isn't available for default language
'locale' => 'ja_JP', // PHP set_locale() setting, null to not set

 

 

以下、編集結果。

/**
* Localization & internationalization settings
*/
'language' => 'ja', // Default language
'language_fallback' => 'en', // Fallback language when file isn't available for default language
'locale' => 'ja_JP', // PHP set_locale() setting, null to not set

 

2. fual/app/lang フォルダ配下に ja という名前のフォルダを作成する。

3. 「2」にて作成したフォルダに validation.phpというファイルを作成する。

4. 「3」で作成した validation.phpを編集する。

以下、編集例。

<?php

return array(
'required' => ':label は必須入力です。',
'min_length' => ':label は :param:1 文字以上で入力して下さい。',
'max_length' => ':label は :param:1 文字以下で入力して下さい。',
'exact_length' => ':label は :param:1 文字で入力して下さい。',
'match_value' => ':label は使用できない文字が含まれています。使用可能な文字 [:param:1] ',
'match_pattern' => ':label は :param:2 で入力して下さい。',
'match_field' => ':label は :param:1 と異なっています。',
'valid_email' => ':label はメールの形式で入力して下さい。',
'valid_emails' => ':label は有効でないメールアドレスが含まれています。',
'valid_url' => ':label は有効なURLではありません。',
'valid_ip' => ':label は有効なIPアドレスではありません。',
'numeric_min' => ':label は :param:1 より大きい数値を入力して下さい。',
'numeric_max' => ':label は :param:1 より小さい数値を入力して下さい。',
'valid_string' => ':label は :param:1 で入力してください。',
);

以上の手順で validation結果が日本語表示されるようになる。

 

Leave a Reply