このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

コマンドプロンプトの文字コードを変更するには「chcp」というコマンドを実行します。

chcp  コードページ番号

通常は932 : shift_jisです。
他に良く使うものとして、
437 : OEM United Staetes
65001 : utf-8
などがあります。
その他は Code Page Identifiers に記載されています。

chcpコマンドを実行した際、なぜがコマンドプロンプトのウィンドウサイズが変更されることがあります。
コマンドプロンプトのウィンドウのプロパティを変更して大きくすることが出来ます。

また、UTF-8に変更した場合はコマンドプロンプトの表示フォントを「ラスタ フォント」から
「MS ゴシック」に変更する必要があります。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 1.0/10 (1 vote cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)
【Windows】コマンドプロンプトの文字コードを設定する, 1.0 out of 10 based on 1 rating

Leave a Reply