2010年04月のマイクロソフトセキュリティ情報です。 
今月も11件と大量です。

【MS10-019】Windows の脆弱性により、リモートでコードが実行される (981210)
【MS10-020】SMB クライアントの脆弱性により、リモートでコードが実行される (980232)
【MS10-021】Windows カーネルの脆弱性により、特権が昇格される (979683)
【MS10-022】VBScript スクリプト エンジンの脆弱性により、リモートでコードが実行される (981169)
【MS10-023】Microsoft Office Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される (981160)
【MS10-024】Microsoft Exchange および Windows SMTP サービスの脆弱性により、サービス拒否が起こる (981832)
【MS10-025】Microsoft Windows Media Services の脆弱性により、リモートでコードが実行される (980858)
【MS10-026】MPEG Layer-3 コーデックの脆弱性により、リモートでコードが実行される (977816)
【MS10-027】Windows Media Player の脆弱性により、リモートでコードが実行される (979402)
【MS10-028】Microsoft Visio の脆弱性により、リモートでコードが実行される (980094)
【MS10-029】Windows ISATAP コンポーネントの脆弱性により、なりすましが行われる (978338)

Leave a Reply