このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

vbscriptを利用してOutlook Expressのメールルールをバックアップする例です。
このスクリプトはバックアップファイル(レジストリファイル)の保存先、ファイル名を引数で渡します。

例:
(script名) c:\test.reg

バックアップしたファイルは、ダブルクリックすることでインポートが可能です。
ここでの注意点として、OSを再インストールする度にGUIDが変わってしまいます。
バックアップした時とインポートする時の状況が違う時は、バックアップしたファイルをメモ帳などで開き、
GUIDを置き換える必要があります。

例:
バックアップ元のGUID {xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx}
インポート先のGUID  {zzzzzzzz-zzzz-zzzz-zzzz-zzzzzzzzzzzz}
1.インポート先のGUIDを調べる。
2.バックアップ元のファイルを開き、{xxx~}を置き換える。
メモ帳の場合は「検索する文字列」にバックアップ元のGUIDを、「置換後の文字列」にインポート先のGUIDを入れましょう。

また、このスクリプトでは、reg.exeというファイルを利用しています。Windows XPから標準でインストールされているものになります。
Windows 2000ではreg.exeが入っていないため、使えません…

ソースのダウンロードは こちら です。

[vb]
Option Explicit

‘#######################################################
‘# Global-Configration #
‘#######################################################

Const OpenTextFileForReading = 1
Const OpenTextFileForWriting = 2
Const OpenTextFileForAppending = 8

Const REG_SZ = 1
Const REG_EXPAND_SZ = 2
Const REG_BINARY = 3
Const REG_DWORD = 4
Const REG_MULTI_SZ = 7

‘*************************
‘ Call Main Program
‘*************************
Main()

‘*************************
‘ Start Main Program
‘*************************

Sub Main()

‘#######################################################
‘# Local-Configration #
‘#######################################################

Dim OBJ_WshShell ‘WSH Shell Object
Dim OBJ_FSO ‘File System Object
Dim OBJ_Folders ‘Folder Object
Dim OBJ_Args ‘Argument Object

Dim COL_Folders ‘Collection Object

Dim STR_FileName ‘String Object
Dim STR_StoreOwner ‘String Object
Dim STR_RulePath ‘String Object
Dim STR_LogFolder ‘String Object
Dim STR_LogFile ‘String Object
Dim STR_Temp ‘String Object
Dim i

Set OBJ_WshShell = WScript.CreateObject(“WScript.Shell”)
Set OBJ_FSO = WScript.CreateObject(“Scripting.FileSystemObject”)
Set OBJ_Args = WScript.Arguments

‘引数チェック
If OBJ_Args.Count = 1 Then

STR_FileName = OBJ_Args(0)

If Right(LCase(STR_FileName), 4) = “.reg” Then

Else

STR_FileName = STR_FileName & “.reg”

End If

If OBJ_FSO.FileExists(STR_FileName) Then

WScript.Echo “エラー:出力先に同名のファイルが存在します。処理を続行出来ません。”
WScript.Quit 1

End If

Else

WScript.Echo “エラー:引数の数が不正です。処理を続行出来ません。プログラムを中止します。”
WScript.Quit 1

End If

‘【Get Mail Store Owner & Mail Store Path】
STR_StoreOwner = OBJ_WshShell.RegRead(“HKEY_CURRENT_USER\Identities\Last User ID”)
If Err.Number <> 0 Then

WScript.Echo “エラー:処理実行中にエラーが発生しました。処理を続行出来ません。プログラムを中止します。”
Err.Clear
Set OBJ_FSO = Nothing
WScript.Quit 1

End If

STR_RulePath = “””HKEY_CURRENT_USER” & “\Identities\” & STR_StoreOwner & “\Software\Microsoft\Outlook Express\5.0\Rules”””
If Err.Number <> 0 Then

WScript.Echo “エラー:処理実行中にエラーが発生しました。処理を続行出来ません。プログラムを中止します。”
Err.Clear
Set OBJ_FSO = Nothing
WScript.Quit 1

End If

‘レジストリのExport
OBJ_WshShell.Run “reg.exe export ” & STR_RulePath & ” ” & STR_FileName, 0, True
If Err.Number = 0 Then

WScript.Echo “レジストリのバックアップは正常に完了しました。出力したファイルは ” & STR_FileName & ” です。”
WScript.Quit 0

Else

WScript.Echo “エラー:レジストリのバックアップに失敗しました。”
WScript.Quit 1

End If

End Sub

[/vb]

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 6.0/10 (1 vote cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
【WSH】Outlook Expressのメールルールをバックアップする, 6.0 out of 10 based on 1 rating

3 Comments

  1. パソコン修理 says:

    レジストリファイルうーん?それは面白いね。

  2. パソコン修理 says:

    レジストリファイル – これは面白いね。

  3. パソコン修理 says:

    そうだと思うわ。有り難う。

Leave a Reply