Posts tagged ‘windows’

このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

ThinkPad X230にてhiberfil.sysが6Gも取られていたので削除しました。
SSDなのでわざわざ休止を使うまでもないのでね。

手順は以下の通り。

・コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行

 powercfg.exe /h off

Windows Vistaおよび7ではこのコマンドで削除します。
ちなみに、Windows XPではコントロールパネルで休止状態を無効にすれば削除されます。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

vbscriptでmsxmlを利用してhttpアクセスする例です。
第一引数はアクセスするURL、第二引数はアクセスした内容を保存するファイル名です。

「Set OBJ_Http = WScript.CreateObject(“MSXML2.ServerXMLHTTP”)」の部分は、
「Set OBJ_Http = WScript.CreateObject(“Microsoft.XMLHTTP”)」としてもアクセス出来ます。

違いについてはMicrosoftのサポート情報を参照して下さい。
http://support.microsoft.com/kb/290761/ja

 

[vb]

Option Explicit

Dim OBJ_Args

Set OBJ_Args = WScript.Arguments

If OBJ_Args.Count <> 2 Then

WScript.Echo “Usage: httpget URL Path”
WScript.Quit 1

Else

HttpGet OBJ_Args(0),OBJ_Args(1)

End If

Sub HttpGet(ByVal STR_URL, ByVal STR_Path)

Const adTypeBinary = 1 ‘Binary
Const adTypeText = 2 ‘Text

Const adSaveCreateNotExist = 1
Const adSaveCreateOverWrite = 2

Dim OBJ_Http
Dim OBJ_ADO

Set OBJ_Http = WScript.CreateObject(“MSXML2.ServerXMLHTTP”)

Call OBJ_Http.Open(“GET”, STR_URL, False)

If Err.Number <> 0 Then

WScript.Echo “エラー:” & Err.Description
WScript.Quit 1

End If

OBJ_Http.Send

If Err.Number <> 0 Then

WScript.Echo “エラー:” & Err.Description
WScript.Quit 1

End If

If OBJ_Http.status <> 200 Then

WScript.Echo “Return Coad:” & OBJ_Http.status
WScript.Quit 1

End If

Set OBJ_ADO = WScript.CreateObject(“ADODB.Stream”)

OBJ_ADO.Type = adTypeBinary
OBJ_ADO.Open
OBJ_ADO.Position = 0

OBJ_ADO.Write OBJ_Http.responseBody
OBJ_ADO.SaveToFile STR_Path, adSaveCreateNotExist
OBJ_ADO.Close

Set OBJ_Http = Nothing
Set OBJ_ADO = Nothing

End Sub
[/vb]

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 7.8/10 (4 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

Microsoft XML パーサー (MSXML) のバージョン一覧サイトです。

http://support.microsoft.com/kb/269238/ja

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

Windows XPなどにインストールされているOutlook Expressは、
起動100回毎にメールボックスの自動最適化が行われます。

この動作が原因でメールボックスが壊れることがあるため、
無効にします。

1.  レジストリエディタを起動する。
「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力し、実行する。

2. レジストリエディタより、以下のキーまで移動する。
HKEY_CURRENT_USER\Identities\【ユーザID】\Software\Microsoft\Outlook Express\5.0

3.  キーを編集する。
右ペインで「Compact Check Count」というキーがあるので、
削除するか、0にすることでリセットすることができます。
このカウントが100になると最適化を実行するメッセージが表示されるのです。

また、普通に使用している以外にも、デスクトップサーチを有効にしていると、
デスクトップサーチが自動的にメールに対してインデックスを作成するので、
自分では100回も開いていないのに、最適化が要求されることがあります。

参考:マイクロソフトのサポート情報
http://support.microsoft.com/kb/971708/ja

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 5.0/10 (2 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

Windowsで右クリックメニュに暗号化(EFS)を追加する手順です。

1.  レジストリエディタを起動する。
「ファイル名を指定して実行」に「regedit」と入力し、実行する。

2. レジストリエディタより、以下のキーまで移動する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced

3.  キーを追加する。
右ペインで「新規」-「DWORD値」を追加する。
追加した項目の名前を「EncryptionContextMenu」に変更する。
「EncryptionContextMenu」を右クリックし、修正を選択。
値を「1」に設定する。

 

4. 以上の操作でファイルやフォルダを右クリックした際に「暗号化」が表示されるようになるはずです。
暗号化済みのファイルの場合は「暗号化解除」が表示されます。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

TeraTermをインストール時に日本語設定しているのにもかかわらず、
メニュが英語表示になっている場合に修正する方法です。

メニュが日本語になっていません

インストールフォルダの中にある「TERATERM.INI」ファイルを確認してみると、
「UILanguageFile=」の箇所が=以降、何も記載されていません。

以下のようにファイルを編集し、保存します。
「UILanguageFile=lang\Japanese.lng」
※インストールフォルダ内にあるlangフォルダ内のファイルを指定します。

「TERATERM.INI」ファイルを保存後、TeraTermを再起動すると、
メニュが日本語で表示されています。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 9.5/10 (11 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +8 (from 12 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

LinuxやUnixではおなじみのtailコマンド。
リアルタイムにファイルに書き込まれた内容を表示するコマンドです。
故障解析や運用モニタリングで非常に役に立つコマンドです。
実はこのコマンド、Windows 2003のリソースキットに含まれています。

Windows 2003 Resorce kit

リソースキットをインストールすると、tailコマンドがインストールされます。
Windows 7でも問題なく動作しました。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 6.0/10 (3 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

TeraTermはインストール直後、接続先を入力する画面でデフォルトでSSHが選択されます。

ツールバーの設定ではなぜかtelnetに変更できないため、TeraTerm.iniを直接編集して直す。

■変更箇所1
============================================================
[TTSSH]
; SSH enabled flag (1=enabled 0=disabled)
Enabled=1
============================================================

Enabled=1 を 0に変更する

 

■変更箇所2
============================================================
; TCP/IP parameters
; TCP port#
TCPPort=22
============================================================

TCPPort=22を 23に変更する

 

■変更前

■変更後

 

 

—————————————-
2014/2/14 追記

SSH enabled flag を0にするだけでは、telnetが使用するポートが23にならないという
コメントを頂き、検証したところ、teratermでは微妙な動作が発生しました。

確かにSSH enabled flagだけではTCPポートが22と表示されたのですが、
telnetのラジオボタンを押しなおすと23に変わります。

デフォルトで23にするために、変更箇所がもう1箇所必要になりますので追記致しました。
コメントを頂き、ありがとうございます。

 

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 6.5/10 (2 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

Windows Vistaから導入されたgadgetのインストールパスについてです。

Windows Vista/7ともに同じパスです。

C:\ユーザー\【ユーザ名】\AppData\Local\Microsoft\Windows Sidebar\Gadgets

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0.0/10 (0 votes cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)
このエントリーをはてなブックマークに追加
[`livedoor` not found]

コマンドプロンプトの文字コードを変更するには「chcp」というコマンドを実行します。

chcp  コードページ番号

通常は932 : shift_jisです。
他に良く使うものとして、
437 : OEM United Staetes
65001 : utf-8
などがあります。
その他は Code Page Identifiers に記載されています。

chcpコマンドを実行した際、なぜがコマンドプロンプトのウィンドウサイズが変更されることがあります。
コマンドプロンプトのウィンドウのプロパティを変更して大きくすることが出来ます。

また、UTF-8に変更した場合はコマンドプロンプトの表示フォントを「ラスタ フォント」から
「MS ゴシック」に変更する必要があります。

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 1.0/10 (1 vote cast)
VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)